移転祝いでお花を贈るときは注意!マナーとタブーまとめ

      2016/03/31

移転移転祝いの花

こんにちは!京都でギフト専門店を経営していたコマチです。

さて、お知り合いが事業所やオフィスを移転されたとき、あなたなら何を贈らはりますか?定番の胡蝶蘭ですか?

開業や開店ならあまり悩まずにお花を贈りやすいのですが、移転となると少し考えてから行動した方がいいかもしれませんね。なぜなら、事業縮小による移転もあるからです。

では、そういうあまり喜ばしくない移転の場合どうしたらいいのでしょう?すごく親しい人なら、知らん顔もできませんよね。

というわけで、今回は移転祝いのお花について解説したいと思います。

移転祝いにお花を贈るときのマナー

移転祝いにお花を贈るときは、いつ送ればいいのか?贈ってはいけないものがあるのか?そもそも贈っていいのか?気になりますよね。

さっそく、順番に確認していきましょう。

移転祝いにお花を贈るタイミング

移転前はかなりバタバタしますので、お祝いは移転日からできるだけ早いタイミングに着くように送るといいです。送るのが遅れるときは花は飾れないのでやめておき、観葉植物か品物にしましょう。

移転前後に訪問する予定があるなら、持参しても構いません。重くて持っていけないようなものなら、訪問する前に到着しているように手配しましょう。

移転後もしばらく忙しかったり、個人事業主だと不在にされることも考えられます。先方が受け取り可能な日時を確認してから送る方が親切ですね。

移転祝いで贈らない方がいい花

お祝いでは基本的に「縁起が良いもの」を贈るべきです。縁起ものや縁起が悪いものは、地域によって違いがあることも考慮しましょう。

一般的には、以下の花は避けた方が無難です。

  • ・赤い花全般(赤字や火事を連想させる)
  • ・匂いがきつい花
  • ・トゲがある花
  • ・花言葉が移転にむかないもの(赤やピンクのユリ「虚栄心」、アロエ「苦痛、悲嘆」など)
  • ・ツバキ(花がポロリと落ちるので勝負事では嫌う人がいる)
  • ・菊や曼珠沙華(お供えや彼岸花のイメージが強い)

移転祝いを贈ってはいけない場合

次の2つは移転祝いを控え、何もしない方が無難です。

  • ・事業規模縮小による移転
  • ・贈答品の受け取りを断る会社

事業所やオフィス移転は必ずしもポジティブな理由ばかりではありません。なかには事業規模縮小でやむなく移転する場合もあります。

やむにやまれぬ事情で移転する場合はお祝いムードなんてありませんので、そんなところにお花や品物を贈ると「非常識」と取られてしまいます。必ず、送り先の移転事情を確認してから贈るようにしましょう。

また、お祝いの受け取りを固辞される場合もあるので、可能であれば確かめる意味もこめて「お祝いを贈ります」と知らせてから送る方が安心です。

移転祝いで贈る花の相場

移転祝いでは間柄や事業規模を考慮して花の金額を決めます。

身内なら金封がいいかもしれません。移転とは言え何かとお金がかかるでしょうから、応援の意味を込めて贈るといいですね。

以下の表を目安に金封を準備するか花を贈るといいです。

贈る相手 相場
身内 金封で2万円~5万円ぐらい
友人 1万円~3万円ぐらいの花
知人 5千円~1万円ぐらいの花
取引先 1万円~5万円ぐらいの花

移転祝いで定番の花や観葉植物

移転祝いと言えば定番は白い胡蝶蘭です。観葉植物も、疲れをいやしたり空気を浄化してくれるのでおすすめです。

移転祝いでは、以下のものがよく贈り物に使われます。

胡蝶蘭

白い胡蝶蘭

写真:Hito Hana(ひとはな)

花言葉は「幸福が飛んでくる」です。見た目も清楚で美しく、移転祝いだけでなく開店や開業祝、花嫁飾りの定番です。白色のものがよく使われます。

モンステラ

モンステラ

写真:ブルーミングスケープ

花言葉は「うれしい便り」です。ハワイでは「希望の光を導く」と言われます。育てやすく、見た目も個性的なのでインテリアグリーンとして活躍します。

ドラセナ

ドラセナ

写真:ブルーミングスケープ

花言葉は「幸福が訪れる」「開運」です。「幸福の木」とも呼ばれます。鮮やかな斑模様の葉がスマートで、仕事の疲れを癒してくれます。

ユッカ

ユッカ

写真:ブルーミングスケープ

育てやすい観葉植物の代表です。水やりの頻度が少なく害虫も付きにくいので、もらった人の負担になりません。別名「青年の樹」と呼ばれ、発展の象徴として人気です。

移転祝いに花以外を贈る場合

移転祝いに品物を贈るなら「相手が必要なもの」が一番喜ばれますが、なかなか分かりませんよね。そういう場合は、カタログギフトを使う方法もあります。

カタログギフトなら先方に好きな物を選んでいただけるので「せっかく贈ってもらったけど、これは必要なかったな」と思われずに済みます。

ただし、なかには「お祝いの贈り物を選ばせる」ということを「失礼だ!」と感じる人もいます。カタログギフトは、相手の性格や間柄を考慮して使いましょう。

また、事業規模縮小により移転であれば何もしない方がいいです。でも、大親友やとても親しい人だったら放っておけないですよね。

そんなときは、食事にでも誘って励ましてあげるのはどうでしょうか?ラッパスイセンやイースターカクタスのように「再生」や「復活」の花言葉をもつ植物を渡すのもいいかもしれません。

いずれにしても贈り物の極意は「贈りたいものを贈る」のではなく「相手にとって必要なものを贈る」ことです。しっかり、相手の気持ちに寄り添って贈り物をしましょう。

 - フラワーギフトの基礎知識